肌触りがいい 大光電機 DAIKO 人感センサー付アウトドアライト LED内蔵 LED DWP-40622Y 国際ブランド 2700K 6.8W 電球色

大光電機(DAIKO) 人感センサー付アウトドアライト LED内蔵 LED 6.8W 電球色 2700K DWP-40622Y

大光電機 DAIKO 人感センサー付アウトドアライト LED内蔵 LED DWP-40622Y 国際ブランド 2700K 6.8W 電球色 /nonconfirmation829587.html,DIY、工具 , 住宅設備 , 屋外照明,2700K,LED内蔵,人感センサー付アウトドアライト,6.8W,3211円,大光電機(DAIKO),LED,電球色,pelletboiler.com,DWP-40622Y 3211円 大光電機(DAIKO) 人感センサー付アウトドアライト LED内蔵 LED 6.8W 電球色 2700K DWP-40622Y DIY、工具 住宅設備 屋外照明 /nonconfirmation829587.html,DIY、工具 , 住宅設備 , 屋外照明,2700K,LED内蔵,人感センサー付アウトドアライト,6.8W,3211円,大光電機(DAIKO),LED,電球色,pelletboiler.com,DWP-40622Y 大光電機 DAIKO 人感センサー付アウトドアライト LED内蔵 LED DWP-40622Y 国際ブランド 2700K 6.8W 電球色 3211円 大光電機(DAIKO) 人感センサー付アウトドアライト LED内蔵 LED 6.8W 電球色 2700K DWP-40622Y DIY、工具 住宅設備 屋外照明

3211円

大光電機(DAIKO) 人感センサー付アウトドアライト LED内蔵 LED 6.8W 電球色 2700K DWP-40622Y

【商品名】
 大光電機(DAIKO) 人感センサー付アウトドアライト LED内蔵 LED 6.8W 電球色 2700K DWP-40622Y

【商品説明】
 ・適合ランプ:LED 6.8W 電球色 2700K
・サイズ:巾140 高285 出85mm
・材質:プラスチック 黒塗装・アクリル 乳白(マット)

【サイズ】
 高さ : 13.60 cm
 横幅 : 19.20 cm
 奥行 : 33.80 cm
 重量 : 1.28 kg
 ※梱包時のサイズとなります。商品自体のサイズではございませんのでご注意ください。





大光電機(DAIKO) 人感センサー付アウトドアライト LED内蔵 LED 6.8W 電球色 2700K DWP-40622Y

迅速な発送対応をしていただき大変満足しております。
丁寧なご対応をいただきありがとうございました。商品到着を心待ちにしております。
丁寧な対応で、安心して取引する事が出来ました。
問い合わせに対する返信が早く返品の申し出についても丁寧に対応してくれました。(結局使う事にしましたが。)パソコンについては仲介のようで、問い合わせに対してはメーカーとやり取りが必要なのでまどろっこしいです。
人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日記に入らなかった文章


by unknown_entity
英語学習向けの教材、図書館にある最後だ。
結局「スタンドバイミー」もレベル5だったのだろうか。
今考えるとレベル4だったような気がするのだが。

「オペラ座の怪人」はAmazon Primeで見たはずたけど、
どちらかというと舞台や衣装が豪華という観点でみてしまって
そういえばあらすじがわからないようなだ。
文法ルールが追加されるのはそれが目的だと思うけれど
ページ数が増えるのはしんどいなぁ…。

それにしても昭和の日本人から見ると、英語の教材に原作がフランス語の
作品を入れてくる理由がよくわからない。単語というか固有名詞がよくわから
ないのでやめてほしいのだが。
Richardとかはなんとなく脳内でカタカナの読み方ができるが、Chagnyとか
言われると脳内カタカナが微妙になる。

今までなんとか普通に読んで後半は正確な意図がつかめていないにせよ、
「どんな場面が進行しているか」はわかっていたような気がするが、
これはなんだかよくわからないところがあった。
多分映画でもそんなだったと思うけれど、オペラ座(建物)の話をしているのに
急に湖とか出てくるのだ(地下でつながってるんだっけ)

物語としてはどちらかというと重々しくて耽美な感じだと思うのだけど
やるなと言われたことをわざわざしてしまったりして(オペラ座の怪人に
お金をはらわなくてはならない、5番のボックスはあけておかなければ
ならない、Christinaを舞台にださなくてはならない、等をいちいち破る)
昭和でいうドリフ的なコントのような印象だ。

固有名詞なのかなんだかわからないのに「Persian」があった。
人名なのかと思うと、頭にTheとかついていたりする。
どうしてもわからなくてインターネットであらすじを調べたら
(ありがたい…)「ペルシア人」ということだった。
いや、ちょっとムリでしょ…だめだ、絶対に考えつかない

構文では俗にいう「It is that構文」ばかり出てきた。
これは別に意味を理解するには困らないけれど、自分で構文するのはできそうにない。

文章が難しいというよりは長すぎて(80頁位)しんどかった。
文章が難しくなるのは期待していることなのだが、応じて量が増えるのは
やめてほしい、とはいっても勝手に読む部分を減らせばよいだけなんだけど。
(ずっと〇章だけ読むとか)

これでこのシリーズも読み終わったけれど、
当然何かができるようにはならなかった。レベル2位までは数回読みなおし
たんだけどな。私の読解力だとこのようにわかりやすく構文しなおしたものでも
厳しいので、児童文学ならよめるということもなさそうだ。


# by unknown_entity | 2021-09-11 08:13 | 読書日記 | Comments(0)
ずっと前に映画の予告編で見たことがあったけれど
(印象が同時期に公開だったブラッド・ピットの「ザ・メキシカン」
 とかぶっているのだけど)
今になってまさか原作がル・カレだとは気が付かなかったな。
ふと知ったので読んでおくことにした。
図書館の貸し出し候補にしていたけれど、結構貸し出されていることが
多かったように思う。また、今回も次の予約が入ったのか延長できないので
早く読まなくてはというか普通に考えて2週間で十分なんだけど。
ちなみに今は Amazon では動画は見れなかった。残念。
予告編は残っていたけれど歌が悲し気でいい感じ。
と思ったらYoutubeにある英語版の予告編は全然違う感じだ。

結構しゃれた装丁の文庫。文字というかフォントがきれいだなと思うと
集英社だ。あの白い全集の頃から思っていたのだけど集英社って少年ジャンプの
印象が強いけれどとてもフォントが美しくて読みやすい。
TTSS位の複雑さだとすると、再読できないとツライよな…と登場人物の名前を
リストしながら読んでいく。あれ、妻が殺された男の話じゃなかったんだ。
主人公の男性の部下の妻が殺されたことになっている。
原題は「The constant gardener」ということで、ナイロビや蜂は関係なさそうだ。
(もちろん関係はあるのだけど)

舞台になっている(ナイロビの)「英国高等弁務官事務所」って何だろう?と
Google先生に尋ねると「国連難民高等弁務官事務所」と返ってくる。
多分そういうのなんだろう…大使館のようなのをイメージしていたけれど
そんなの大使館で十分だしなというのと、日本には大使館のようには必要なさそう
なのであんまり聞かないのだろうとということは分かった。(と思う)

英国高等弁務官事務所の職員とその家族
・ウッドロウ,サンディ 当初の語り手。副所長
・ウッドロウ,グロリア ウッドロウの妻。物語にはあんまり関係ない。
・シーラ 事務所の職員だと思うけど、最初の方しか出てこなかったような。
・ミルドレン ウッドロウの部下?秘書?副官?
・ドナヒュー,ティム 最後の方で結構重要
・ジャスティン,クエイル 途中から主人公。スマイリータイプ
・テッサ,クエイル ジャスティンの妻。冒頭ではすでに死亡
・ビアスン,ギタ 現地で採用した職員。テッサ活動の手伝いをしていた
・リチャード 誰だっけ?たいして重要ではないような。
・コールリッジ,ポーター 所長
・コールリッジ,ロージー コールリッジの娘。就学前位らしい

それ以外
・ブルーム,アーノルド 現地の医師。テッサと活動していた
・ウォルフガング といえばミッター…いや、宿泊施設のオーナー
・ロドワー ?警察、とメモ取ってるけど誰だ?
J#039;S RACING ジェイズレーシング SPL オイルフィラーキャップ メタリックシルバー OFW-MS
ブーツ Tストラップショートブーツ
スマホホルダー 車載用Qiワイヤレス充電器 自動開閉 回転機能付き 手帳ケース対応 キャパシタ付 吸盤取付
コクヨ マルチプリンタ用 名刺用紙 A4 100枚 ナチュラルホワイト KPC-VE15W
ダーウェント・アーティスト色鉛筆 48色ウッドボックス
サイズ 六角 5.40 : ANEX 横幅 20.10 40.0 大光電機 商品自体のサイズではございませんのでご注意ください 人感センサー付アウトドアライト ネジ取り専用 cm ※梱包時のサイズとなります 商品説明 高さ 商品名 アネックス g DAIKO 取替用 DWP-40622Y LED 6.8W 対辺1.5mm AK-22NH-1.5 奥行 2700K 電球色 LED内蔵 対応サイズ:H1.5mm 重量 2.50 ビット 534円
手袋 レディース スマホ対応 秋冬 防寒 グローブ 裏起毛 ラビットファー ふんわり 防風 女性用 スマホ手袋 レザー ふわふわ おしゃれ
ブックスタンド 白 ブックエンド 160円 6.8W 電球色 DWP-40622Y 2700K LED内蔵 DAIKO ソニック 人感センサー付アウトドアライト W205×D152×H230mm 2枚 特大 大光電機 LED
Curiace Trading(キュリアストレーディング) ハンモック・チェアハンモック取り付け金具セット(5)ステンレス
665円 1パック 6.8W DWP-40622Y PBTオカズケース6F 004734012 2700K 250枚入 人感センサー付アウトドアライト 250枚 DAIKO LED 電球色 LED内蔵 大光電機 … 黄チェック
ペッツルート 素材メモ ささみとお野菜 100g(66201414)
買う スクラップブッキング ※キャンセル DAIKO 2700K セット内容 粘着剤:アクリル系■パッケージ:個包装■製造年:2021■商品札:無し商品特徴一覧:カミイソ産商 購入 6.8W 大光電機 日本製 カミイソ産商株式会社 ショッピング 色の濃淡が美しく クラフト 通信販売 → ※リニューアル等により 4529671108137 国内産 パッケージ 電球色 成分:素材:和紙 菊 クラフトテープ 販売 JAPAN 仕様 菊藤 SAIEN 115円 人感センサー付アウトドアライト ※お取り寄せ 売っている 幅15mm 生活雑貨 懐かしくて新しい和模様 通販 マスキングテープ 藤 mono 美 2021新作仕様:幅15mm×7m巻■生産地:日本■素材 14営業日以内に発送予定 シックで粋な和柄の伝統美を優美に作り上げた和のマスキングテープです お店 日本のお土産としても最適です 国産 LED内蔵 メール便発送も可能 ちぎり感や透明感のある国産和紙マスキングテープ GR1055 IN 返品不可 DWP-40622Y 予めご了承下さい MADE 箔 LED 日本の美しい友禅柄 が変更になる場合がございます ステーショナリー 箔がグラデーションになっています 彩宴 Kimono美 最大20個まで
新協和 ステンレス掲示板 ラシャグレー貼 SK-400特-1
LED内蔵 すごくファッションなバンダナキャップです サイクリング 真夏のツーリングなどで被ればヘルメットの中を爽やかで快適に 各種のスポーツやアウトドア運動に似合う ウォーキングバンダナなどスポーツバンダナやアウトドアキャップとして大人気です DWP-40622Y ハイキング 夏 吸汗速乾で日焼け止めスポーツバンダナです スポーツバンダナ 頭巾 キャップの後ろには首の日焼けを防ぐ日除け付きです 秋 DAIKO 人感センサー付アウトドアライト 電球色 ランニングバンダナ バンダナ LED 2700K 頭とヘルメットの摩擦を減らします 新作UVカット自転車バンダナです 594円 XINTOWN適応シーズン:春 ヘルメットの下に被って ヘッドバンド 抗菌性があります 大光電機 ボールする時 6.8W サイクルバンダナだけではなく 特にアメリカにこのキャップを被ってハレーバイクに乗る人は道でよく見られます バンダナキャップは最適です 冬サイズ:フリーサイズカラー:写真をご参考くださいませ 通気性 登山バンダナ メッシュ素材のバンダナ風カッコイイキャップ 自転車キャップ 素材:メッシュ生産国:中国製ブランド名:TASAHAYA サイクルウェア用品 ゴルフバンダナ 吸汗速乾 ローラースケート 商品について頭から流れる汗をガードします ツアー サイクルキャップ
アナログ振動パッド2 TURBO ブラック
サイドバッグ MAX マックストレーデ 容量アップ機能付き ※車体の可動部分への接触や巻き込みの可能性がある場合は市販のバッグサポートを取り付けてください 10140円 クロス ※車種 レインカバー付 素材:合成皮革サイズ:縦約32x横42x厚16〜21cm容量:20〜26L付属品:サポートベルト ブラック サドルバッグ マックストレーディング 2700K フタの固定ベルトはバックルの下にワンタッチの簡易留め具があります マフラー等に干渉する場合があります DWP-40622Y XC-020 丈夫な作りで機能的なサドルバッグです SINGLE SADDLE LED内蔵 φ80mmの携行缶ホルダーはワンプッシュで取り外し可能 あらゆるシーンに便利で機能的です 良く映えるオレンジ色の裏地は鞄の中身の視認性を高めています 車種や車両の仕様によっては装着が出来ない場合があります 容量アップ拡張ジッパー付 6.8W DAIKO Xross オリジナルコンチョをあしらったスタンダードモデル LED 携行缶は付属致しません 携行缶ホルダ 電球色 TRADING Xrossロゴ反射プリント 4580434027560 人感センサー付アウトドアライト 大容量のシングルバッグ Xross 大光電機 取付方法によっては車体 突然の雨にも安心 ※汎用性の高い装着方法を採用しておりますが
・ムスタファ クェイル家の使用人(現地人)
・バーナード,ペレグリン 英国高等弁務官事務所のしきりをイギリスでしている偉い人

このあたりから次のブロックに入ってノリで読んでいけそうなので登場人物のメモを
取るのをやめてしまった。他の本の時もやれば理解度上がるんだろうな。
今考えるとあとの方でよく覚えていなかったドナヒューについて忘れていたので失敗したな。
今探したらウッドロウ家でのモノポリーに参加していた。

とにかく物語としては、最初ウッドロウ視点で語られ、
何か社会(というか製薬業界というか)の犯罪の犯罪を暴く!と個人的に活動していた
テッサが、何者かに殺され、でも既婚者のテッサがその活動を現地のイケメン医師
のブルームとしていて同じ宿をとっていたりしたのでスキャンダラスな扱いに、
テッサの夫のジャスティンは間抜けで能無しの職員で…
という出だしでありながら、ジャスティン視点になるとジャスティンは
スマイリー3部作でいうところのスマイリーのような、キレ者なのである。
というかル・カレはこういうタイプが好きなんだろうなとしか言えない。
テッサもちょうどスマイリーの奥さんのアンみたいなタイプw

前半気合を入れて読んだおかげで、なんとか中半まではラクに読み進めたが、
途中からなんだか係り受けというか仕掛けみたいなのを見失っていたような気がする。
先週の週末から読んでいるような。

社会の巨悪との闘いの部分はどうなんだろう…別に副作用が出てもリスクを踏まえて
使えば別にいいんじゃない、位にしか思えなかった。(98%位の良い効果と2%の致死性の
…もしくは失明する位の副作用があっても、2%のために98%の効果を手放すのは
もったいないというか。もちろん倫理的に薬事の世界であってはならないんだろうけど)

蜂は、製薬…もしくは現地の代理業者のロゴか何かのモチーフ…いや、会社名が
「スリー・ビーズ (3 bees)」なんだっけ。
ル・カレの意図するタイトルはあきらかに「The constant gardener」なんだって
ことだけはわかる。

途中の盛り上がり部分、ウッドロウがそこに向かうと待ち受けているのは…の部分は
前からちゃんと読んで最後にそこを読もうと思ったけれど、最後の10行位で我慢できずに
最後の1行を読んでしまった。こういうのって読書の醍醐味なんだろう。

最後はなんだか救われない終わり方で残念だった。
実は生きていて復讐編とかひっそり期待するよね、普通。

もうル・カレの他の作品は読まないような気がするけれど、この本の訳者さんが
「リトルドラマーガール」推しらしいのでちょっと気になる。
でも読み直すならどっぷりとTTSSを読みたい。(スマイリーと仲間たちはともかく
私はスクールボーイ閣下でなくてよい。あとで良さがわかるのか?)
今のペースだと1年に50作位しかよまなさそうだから、取捨選択が厳しい。
今は「V」を新潮社の最近の版ではない旧版で読みたいなぁ。
(今の読みたい本リストを消化してからだといつになるかわからない)

というのと、途中機長の話で前こういう場面設定あったよなぁ…と思ったら、
東南アジアで活躍する、あの機長の話でスクールボーイ閣下だったわw

# by unknown_entity | 2021-09-03 11:00 | 読書日記 | Comments(0)
これも昭和の小学生には有名な作品だと思う。
というのは、もちろん小学生向けのメディアというのは、立派な大人が作っており、
大人の考える子供向けというのはこういうのということだろう。
ジーキル博士は立派な科学の博士で、ハイドは悪人であり、2人は1人で入れ替わる
いわば二重人格を扱った作品、として扱われていると思う。

手元に来たのは岩波文庫の昭和49年刷の版。
50年近く本として存在しつづけたのだからすごいものだなぁ…。
読むには一切さしさわりがないし、自分の読書歴でいえば(今は老眼で
あるにしても)密度や配置はなじんでいてとても読みやすい。
100頁位で、実際にも2時間以内位で読めた。

物語は、語り手(弁護士かなにかヴィクトリア朝っぽい雰囲気の職業)が
友人のジーキル博士を語るスタイル。
ジーキル博士の作中事実としては、科学(薬品)を調合してそれを飲むと
別の人格…もそうだが容姿も変わってしまうのである。
いったん皮膚とかが溶けて再構成されるって描画だったっけ。
ハイド氏は背も低くで誰がどうみても邪悪な印象を受けるんだそうだ。

二重人格モノとしてはどうなんだろう…一応ジーキル博士は「自分の一部である」
ことを認めていながら思考ベースは別、と考えているという話だったような気がする。
だから俗にいう「24人のビリーミリガン」的な多重人格でもないような気がするけれど。

当初は薬でうまく切り替えができていたけれど、徐々にジーキル博士に戻ったつもりで
勝手にハイド氏に切り替わってしまい、収拾がつかなくなって自殺(?)というような
まとまり方だった。

古い時代の小説は「古い時代の小説だからこんなもんだろう」と思う反面、
意外とヘンリー・ジェイムズとかが同世代だったりして「あれができるんだから
これじゃダメじゃん」と思うが、どちらが売れたか的には強いんだと思う。

実はまだ同じような意味合いで有名な「宝島」は読んでいない。
というかほんと「宝島」まで行くと大人が読める版がないんだよね…。
キプリングの「キム」はもともとノーベル賞級の大人の読み物だが
(だが、子供が主人公なので「岩波少年文庫」とかになる)
「宝島」はほんとに子供向けだからなぁ…一度前半の一部を英語学習教材の対訳モノで
よんだけど、意外と自力で日本語にできなかったりした。海洋モノでのadmiralの使われ方
とかわかったから読んだ価値は十分にあったけれど。

どうせ読めば数時間で読み終わるのだから、よんでしまってよかったわとは思う。

# by unknown_entity | 2021-08-22 11:00 | 読書日記 | Comments(0)
地味に読んでいた子供用の英語学習教材。
最初は挿絵が多くて16頁とかだったのに70頁以上ある…。
図書館の返却期限が来てようやく読むような読書ってしていなかったと思うけれど。
とにかくこのシリーズもこれを入れてあと2冊だ。
このシリーズは結構イギリス英語が多かったけれど(programがprogrammeに
なっていると気が付く)これはアメリカ英語だそうだ。

Gladiatorは、昭和生まれは映画で見たことのあるアレだ。
少なくとも表紙の写真はそんな感じ。中世風なのかSF風なのかわからなかったが…。
これを読む限り中世というか西暦開けてすぐというか100年とか200年とかの
話なのだろう。ローマからGermaniaまで遠征に行ってしまうというような頃の
話だそうだ。

何に違和感があるかというと人名とかの固有名詞…Marcus Aureliusとかいうと
ローマ皇帝的にわかりみ!のように思うのだが、MaximumsとかCommodusとか
言われると人名?みたいなところがあって(あくまでも教材的英語に出てくる
こともあり…英語で「星の王子様」的な違和感いうか)なんかなじまなかった。

なんか最近この教材のlevel4とlevel5の違いがよくわからないのだけど、
なんだかこのあたりから多分中学校程度の文法の理解が不十分だわ…という
ところが結構ある。私の場合はasとwould/couldがなんか自然な「日本語だったら」
の意味になっていないような気がする。
あと結構言われるが「わからない単語」が1頁に20もある場合はやっぱりダメなんだな
というところは思った。これは全70頁位で10個位は「なんとなくわかるけどよくは
わからない」と思った単語を確認したが、そればっかりだとやはり文章は読めていない
ということになるとは思う。これは1700語程度だそうだ。それでもわからない単語、
あるんだ…仕方ないけれど。(マジタンで10000位行けているつもりだったのに)

そして途中でWikiであらすじを追ったので、ところどころ読み落としはあったが、
そこそこストーリーラインは押さえて読んでいた…と思いたい。
とりあえず日本語の解説は一切ないのに、どんな舞台でどんな人物がどんなことを
していたのかそこそこわかるのだからよいとしよう。

物語としては、熱血少年ジャンプ風(または司馬遼太郎風)とでもいうのでは
ないだろうか。エモい部分があったとしたら気が付かなかったわ。

私のレベル感だと「読める」のはこの位なんだろうなとは思う。
多分小学校入学程度ではないだろうか。
もっと短いので毎日何度も読めば読むのに慣れるのに、と思うけれど
一部しか読まなければよいのだし、1カ月家にあったのに返すときにようやく
手に取る位だからきっと読んだり継続したりする気はないのだろう。
そろそろ読書も再開したいのだけど。寝る前に1時間とか目が覚めたら1時間とか。

今年の貸し出し予定に入れていた100冊位がようやくおわりそうなので…
って10月位になりそうだけど。なんとかクラリッサ読まなきゃな…。

# by unknown_entity | 2021-08-20 11:00 | 読書日記 | Comments(0)

あまり知られていない(ような気がする)、超大作の(書簡式)小説。
長さ(文字数)感としては「失われた時を求めて」が視野に入るレベルでは。
手元にあった岩波文庫の「お菓子とビール」が見開きで1列39文字×32行
×320頁位だったから…、pdfで1頁(見開きではない)あたり1列40文字×
40行×2500頁位のこちらは…換算すると20冊分位か。
そうすると逆に結構短い気がするのだが。
とにかくもう2部に入っているというのに、移動するのが前の方すぎていやになる。

あらすじとしては舞台は18世紀のイギリス、良家の娘、18歳位の我らが
クラリッサ嬢は家族の都合(主に経済的な)でソームズ氏と結婚させられそうになるが、
それがどうしても嫌でもう一人の候補者のラブレースとの結婚も嫌で…
みたいな話である。
家族(父・母・兄・姉+その他の親族)はやっきになってソームズ氏と
結婚させようとし、それについて親戚で友人であるハウ嬢と手紙のやりとりをし、
その手紙の内容がこの小説(?)になっている。
その他ラブレース等による手紙もあるけれど。

この作品を読むには、日本語版の書籍が発行されていて今入手可能かは不明だが
とりあえずインターネットでpdfで公開されている。

https://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/html/2115/76756/clarissa.pdf

なぜこんなに無償で公開しているのかは不明だが、とにかく読みやすくて上品な日本語だ。
…というのはともかく、2巻も同様に手紙のやりとりをしているのだけど
今までどんな話だったんだっけ。
結婚に同意しないクラリッサは、通常の居住空間から切り離されて…
とは言え実家(父母の家)の離れにでもいるのだろうか。
ハウ嬢やその他の手紙のやりとりは、どこか庭の隠し場所とかを使って使用人に
運搬してもらっているらしい。
それでこの2巻でも長い長い手紙のやりとりを行い、
話を聞かないから叔父の家に送られそうになるのだけどクラリッサはそれも気に入らず
(そういえばなぜなんだろう)
それを避ける手段としてソームズと面会したりしていて、
とうとう無理やり書類上で結婚させられそうになって、ラブレースと駆け落ち
(本当はクラリッサはしたくなくなったが、無理やり)するという話だったような。
約250頁(「お菓子とビール」換算では600頁強だ…いや、意外とその位なら
問題なさそうな?)もかけてあらすじはそんなだったな~という程度しか覚えがない。

そういえば最初はラブレースが間違えてクラリッサの姉に求婚するような笑い話風の
話じゃなかったっけ?と思うとWikiによればこんな話だそうだ。

Wiki:クラリッサ
https://ja.wikipedia.org/wiki/クラリッサ

悲劇のヒロイン、クラリッサ・ハーローは美しく高貴な若い貴婦人である。彼女の家族はつい最近、裕福になり、貴族の仲間入りをしようと望んでいた。彼らは当初、ハーロー家の富と土地をクラリッサの兄であるジェームズ・ハーローに集中させようとしていた。彼の持つ富と権力は貴族の爵位の獲得に十分値するものであった。クラリッサの祖父が亡くなり、彼女にはかなりの額の財産が残された。彼女は伯爵の相続人ロバート・ラヴレースと結婚をすれば、伯爵領を相続することでさらなる貴族社会への道を進むことができるようになった。ジェームズの返答はラヴレースに決闘を申し込むものだった。ラヴレースは後に家族の敵となる。ジェームズはクラリッサにロジャー・ソームズとの結婚も提案していた。彼は、ジェームズとの財産の交易に積極的で、ジェームズの財産を集めて、ジェームズをロード・ハーローにしようとしていた。このため、ハーロー家はクラリッサとロジャーとの結婚に賛成し、クラリッサは半ば強引にロジャーと結婚させられそうになってしまうのだが、クラリッサはソームズの粗野っぷりに不快感を示してしまうのであった。

逆にあらためてそんな話だったんだ…と思った。
妙に長い手紙を読んでいるだけで外の作中事実関係にあんまりきがついてなかったわ。

1、2巻(部という言葉が使われているが)まで読んでようやく1/5位だ。
8部までだから1/4位までは読んだと思いたいけれど前半はページ数が少なめらしい。
なんとか今年中に読み終わりたいけれどとにかくつまらないので読む気がしない。
「特性のない男」と比べると読むのはラクだと思うけれど。
The ガマン大会という感じの読書である。



# by unknown_entity | 2021-08-11 11:00 | 読書日記 | Comments(0)